カーボンの新たな創造にチャレンジする - 株式会社チャレンヂ -
Challenge
Home Company Map Calendar Contact Recruit
Challenge Spirits チャレンヂの取り組み R&D 研究開発 Technology Center 施設紹介
Home > Challenge Spirits
Challenge Spirits チャレンヂの取り組み
Challenge Spirits[チャレンヂの取り組み]
新製法にChallengeして、お客様の満足する商品を提供していきます
1970年12月、車好き3人がGFRPによる自動車レース用軽量部品製造業として東京都板橋区で創業。 1982年11月、埼玉県戸田市に移転し、各種レーシングカー、自動車ショーカー等設計・製造業として株式会社チャレンヂを設立しました。

当初は、GFRPハンドレイアップ成形から始まったチャレンヂでしたが、1983から85年にかけ、ヨーロッパで航空宇宙工学を応用したフォーミュラー1が登場したのを皮切りに、カーボンファイバーをボディーに使用したレーシングカーが登場しました。

当社もオーブン・オートクレーブをいち早く導入し、トヨタ・マツダ・ホンダ・日産各車のレーシングカーボディーを製作を受注し、自動車レース業界で日本初の採用となりました。 

以来、金属では得られない格段の軽量、高剛性と共に極めて優れた衝撃吸収性と信頼性を実現できる、炭素繊維複合材料(カーボンコンポジット)がレーシングカーにとって無くてはならない素材になり、 2000年代に入ると自動車関連を始め、航空宇宙関連、鉄道車両関連、一般産業関連等、様々な分野から試作依頼も多くなり、量産化製品のお話も徐々に頂くようになりました。

そのような要望に答えるため、2006年に狭山市に新社屋建設に着手し、2007年10月竣工、移転。1年にわたる社員教育及び統合マネージメントシステム取得後、2008年10月より稼動を開始しました。 2011年6月、量産プレス成形・塗装設備を増設、より幅広い受注体制も確立させました。 

これからのモノ作りは環境に配慮し、今の環境を維持、改善し、次世代に引き継ぐのが重大な使命と考え、ISO:14001の取得と合わせて、品質管理面に関してもIISO:9001も取得し、独自性を出しながらも常にお客様の満足する商品を提供、全の商品にトレーサビリティーが追える体制で取組んでおります。

これからも株式会社チャレンヂは、常に世の中の進化に負けないよう新技術、新製法にChallengeして、世界トップクラスのクオリティーでお客様のご満足頂ける商品を提供してまいります。
代表取締役  坂下 正人
PageTopへ
Back
Back
Copyright c CHALLENGE CO.,LTD. All rights reserved.